薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関するお悩みを解決するQ&Aサイト 【悩める毛髪】薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み相談やアドバイスなど
性別・年齢関係なく、髪の毛全般に関するお悩み・相談を受け付け中 薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み・不安・疑問・なんでもOKです!
 気になるワードからアドバイス記事を検索してみよう
 
初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?
美容師に希望を正確に伝えられるかどうか
初めてのパーマ。なかなか勇気がいりますよね。

パーマを一度でもかけられた事のある方なら、その気持ちが痛いほど分かると思います。

一体どんな髪型になるのか、思い通りのヘアスタイルに仕上がるのか、失敗したら取り返しがつかないのでは・・・などなど。

不安いっぱいの中、出来上がったパーマヘアにあなたはどんな感想を持ったのでしょうか?

意外と、思ったのと違う・・・と後悔した方って多いのではないのでしょうか?

そこで今回はこんな質問を取り上げてみたいと思います。

「初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?」

初めてのパーマで失敗しないよう、経験者の皆さまからのアドバイスを参考にしてみましょう。

まずは、20代女性からのアドバイスです。


女性(20代)

美容室に行くときに重要なのは、担当する美容師に希望を正確に伝えられるかどうかが大切だと思います。

まして初めてのパーマとなったら尚更です。

切り抜きなり、雑誌なりの写真を持って行くといいと思います。そして美容師さんに伝えます。

そのスタイルのどこが気に入っているか、出来るならば何枚か似たようなスタイルの切り抜きも持っていった方がいいです。

理由は、似ているスタイルだけど、気に入らない部分を伝えるためです。

カールやウエーブの強さや大きさ。毛先の向いている方向。根元からのパーマか毛先だけのパーマなのか。こうなりたくないと伝えるのもいいと思います。

伝えれば今度は美容師さんからの提案があるはずです。

初めてのパーマなので、パーマの薬剤の効き目が効きにくいことがあることやご自身の髪質や毛量とのスタイルとの相性など。あとはカラーリングなどをしている場合の髪の毛の傷み具合などです。

美容師さんから説明がないと逆に不安になりますね。

施術が始まる前に全部伝えます。メモにして持って行っても構いません。むしろ伝えることが少ない方が美容師さんは困ると思います。

パーマは乾かして仕上げるまでは分からないと私は思っています。

濡れているときは、テロンとしていたり、強くかかっているように見えてしまったりするものです。

かけた直後はお手入れが難しいと思います。数日後、ご自身で扱いやすくなった頃が完成だと思っています。

美容師さんが仕上げる手つきをよく観察して真似して見てください。どうか気に入る素敵なパーマがかけられますように。


やはり、美容師さんとのコミュニケーションに尽きる感じですね。

とにかく、分からないながらも、きちんと自分の希望を美容師さんに伝える事。

その上で、美容師さんの提案や指摘について話し合い、出来るだけ細かい部分まで意向を理解してもらう。これが大事ですね。

結局、パーマをかけてくれるのは美容師さんなのですから、そことの意思疎通が取れていなければ、満足のいく結果など出るわけがありません。

初めてのパーマなら、なおさらしつこいくらいに伝える事が何より大切なのかもしれません。

お次は男性からのご意見です。


男性(30代)

自分も数年前くらいからパーマをかけはじめましたが、はじめはとりあえず自分の思い描くパーマスタイルの画像を持って行きお店の人に見せてこんな風にしてくださいとお伝えし、カット・パーマしていただきました。

しかし、結果としては自分の思い描いてたものどころか写真とも全く違う仕上がりとなってしまい、性格上不満を言うこともできずまた髪が伸びるのを待ちました。

その次は以前は一枚だけだったから伝わりにくいのだと思い理想に近い画像を2、3枚用意し再びパーマをしていただきました。

その時は二回目ということもあり前回よりもカールが強くでき少し理想に近づきましたが、それでもやはり自分のボリュームを出したいと思っているところが相変わらず潰れていたり、前髪をおろしたいのに画像とは違う前髪をあげるスタイルにされたりで・・・

これはもはやこのスタイリストの方に嫌われているのでは…と思ってしまうほどの満足できない仕上がりになってしまいました。

その後、試しに別のお店に行き、前回同様数枚の画像を見せパーマを当てていただきましたが、そちらのお店の方が気さくでお話が好きな方で、画像を見せた時も以前の方とは違い、自分のしたい髪型の詳細を聞いてくださり、そのこともあってかなんとやっと満足のいくパーマスタイルにたどり着くことができました。

長々と書きましたが、つまりはそのスタイリストさんも言ってらっしゃいましたが、写真だけでなく言葉でちゃんとこうしてほしい、これは嫌だとはっきり自分の意見を伝えること。

それと髪質は人それぞれ違い画像のようには完全にいかないこともあるため、自分の髪質でどこまで近づけることができるかをスタイリストさんと相談し、お互いの目標とするヘアスタイルをできる限り統一する事が大切だと思います。

あと、これは自分の勝手な考えですが、スタイリストの方によってその人の癖がそれぞれあるように思われ、自分と相性の合わない人のお店を避けるなどの注意も必要なのかもしれません。


こちらの方は、ご自身がパーマでの失敗を経験されているとの事。

写真を持って行っても、枚数を増やしても、結局満足のいく仕上がりにはならなかったようです。

そして、ポイントはやはりコミュニケーション。写真だけでなく、きちんと美容師と話し、自身の髪質なども鑑みて判断して頂く事。これが大事なんですね。

信頼のおける担当美容師さんがいらっしゃるようであれば、まずはその方に意向も不安も洗いざらいぶちまけてしまいましょう。まずはそこからですね。

お次は女性のご意見。20代のアドバイスです。


女性(20代)

普段、縮毛矯正をかけていたり、髪を自然なままにしている方はパーマが掛かりにくいと美容師さんにいわれると思います。

その場合、全く掛からないことを恐れて「時間を長めに巻きますね」とか「浸透液を気持ち多めにしときますね」といわれるかもしれません。

そんな時は初めてなので様子を見ながらお願いできないか頼むといいと思います。

美容師さんが思っていたほど掛かりにくくなく、案外掛かりすぎてくるんくるんにされてしまった友人が多々います。

そんな時は自宅でヘアアイロンを使って少しのばすなどして調整できるので、そんなにくよくよ落ち込まなくても大丈夫です。

逆に髪の毛を普段から染めていたり、髪の毛が細めだと掛かりやすいといわれて時間を短くしてみましょうかと言われることがあります。

短い分には掛かりすぎて失敗する恐れはないですが、思いのほか慎重に対応しすぎて水で流したら消えてしまいそうなほどささやかにしかパーマが掛からなかった人もいました。

浸透液の関係で再度カーラーをあててパーマを強くすることができず、美容師さんに「初めてのときは掛かりにくいのでこんなものですよ~」といわれ何もいえずに帰ってきたそうです。

高いお金を払ってかけたのかどうかも判らないパーマでは悲しいですよね。

そんな時は美容師さんの言動に惑わされずに、「後日やり直しをして欲しい」と仕上がりチェックのときにちゃんと言うことをおススメします。

ちゃんとした美容室なら後日かけなおしもできますと無効から教えてくれる場合もありますが、こちらから一度はお願いしてみるのもありだと思います。

しつこくお願いして険悪になるのも嫌でしょうから、軽く頼む程度でも試してみる価値はあるとおもいますよ。

また、パーマをかけてしばらく経つとゆるくなってきますが、パーマ用のムースを使えば復活するので時間が経ったらアイテムを使って長く楽しむといいと思います。


なるほど。こちらの方は、失敗した後の対応についてアドバイスを下さってますね。

最初のパーマという事で、失敗したら「自分の伝え方がまずかったのでは」などと思ってしまうかもしれません。

しかし、そこはきちんと後日対応して頂けるよう、遠慮なくお願いしましょう。

さて、お次は20代女性からのご意見です。


女性(30代)

私も初めてパーマをかけた時に、憧れの芸能人の写真を持って、「これにしてください」と一言。

写真一枚で前からの画像だったので、美容師さんも困った事でしょう。実際仕上がった髪型もしっくりこなくて、失敗したなと思いました。

よくよく考えれば、サイドやバックの細かい理想をもっと作って伝えれば良かったと思います。

そこで最初に便利だと思ったのは、本屋さんや美容室などで置いているヘアカタログ雑誌です。

こんなパーマをかけたいと思っても髪質は人それぞれ。雑誌にはサイドやバックの写真もあって、その人の髪質も載っているので、その髪型が自分に出来るのか、美容師さんもプロですので親身に相談に乗ってくれると思います。

なので、私の場合まず芸能人でもモデルでも理想のヘアスタイルを決めて、ヘアカタログでそれに似てる髪型を探して、本ごと持って行き美容師さんと話し合って、そのパーマが可能かを相談します。

やはりどうしても髪質的に理想にできない場合もあるかと思うので、第2、第3候補のパーマもあらかじめ決めてから行くといいです。

これをしてから、美容院に行って微妙な髪型になることが少なくなりました。

因みに、パーマは髪の毛が短ければ短いほどかかるのが難しいのと、理想通りにいきずらい気がします。

長ければ以外と柔軟に変えられるので、一つのポイントかと思います。


理想、目標としている芸能人の写真を持って行って失敗したケースですね。

やはり、きちんとしたヘアカタログを利用した方が良さそうです。

ヘアカタログは、その為に撮影されたものですし、美容師さんにも伝えやすいカットが載っているもの。

また、髪質によって対応出来ない場合も想定して、いくつかの次候補も用意しておくと良いとの事。確かにその通りですね。

さて、お次も30代女性からのアドバイスです。


女性(30代)

パーマでも今はいろんなパーマがあります。普通のパーマや、デジタルパーマ、エアウエーブなどがあります。

なので、どのようなパーマスタイルにしたいのか、また自分でセットをどこまで出来るかというのが注意点だと思います。

私も昔、普通のパーマをかけていました。結構きつくあてたのですが、セットは私にっとってとてもラクでした。

乾いている時にはあまりウェーブはないけど、濡らしたら一番しっかりとウェーブが出ます。

なので朝濡らしてワックスなどの整髪料つけたら終わり!という感じでした。

ですが、上であげた残りの2つは逆です。

朝一度濡らして、ドライヤーで乾かしながらカールを自分で作っていきます。

自分好みのカールの強さや大きさに出来るので気分や、その日の雰囲気で変えれるので良いかもしれません。ですがこの手間を朝から出来るかだと思います。

髪の毛に対してのダメージも少なく手触りも良いのですが、自分が出来るか出来ないかと言うのが大事かもしれません。

初めてのパーマなら特にイメージもしっかりと美容師さんに伝わるように写真や切り抜きなどを持って行った方が、言葉だけでは伝わり切れないので求めてるパーマスタイルに近くなると思います。


パーマにもこれだけ種類があるのですね。経験者の方ならまだしも、初めてパーマをかけられる方は、知らないのではないでしょうか。

参考写真を持参し、その上で担当美容師さんにきちんと相談する。そうすれば、上記のパーマの種類などについても、教えて下さると思います。

やはり、美容師への具体的な相談というのがポイントのようですね。

最後は20代女性からのご意見です。


女性(20代)

パーマいいですよね。ちょっとスタイリングするだけですごいオシャレになるし。

ですが、完成してみるとこんな感じじゃなかったんだけどなーとか見せた写真と違うなーとかってこと、結構あるんです。(私もパーマをかけた1週間後にばっさりカットした経験があります。)

何度かパーマをしてみて思ったことは、趣味の合う美容師さんを見つけることです!

といっても、洋服の趣味や話が盛り上がるなんてことじゃありません。

カットやカラーなどで2、3回通ってみて、この人だったら自分の思ってることをちゃんと形にしてくれるなーや、いつも可愛い髪型だなーなどと思ったら、その人にパーマの話をしてみるんです。

すると何度か担当してくれてる人だと、髪質や好みなどあなたにあったパーマのアドバイスをしてくれるはずです!

もちろん雑誌や写メなどでこんなパーマにしたい!と持っていくことも大事です。

その際はなるべく何枚も色んな角度のものがあれば、美容師さんもイメージがつきやすいと思います。

私の担当美容師さんは、前髪のクセや特徴なども分かってるので、パーマをかける時間や太さ、ブローの仕方まで細かくアドバイスをくれます。

なので、まずは急がず何度か良さそうなお店に通ってみてはいかがでしょうか。

お好みのパーマになるといいですね!


パーマをかけた一週間後にばっさりカット・・・よっぽど気に入らなかったのでしょう。

こちらの方も美容師さんとのコミュニケーションが重要との事ですが、まずはその美容師さんを見つける事の大切さをポイントにされていますね。

いきなりパーマの相談をするのではなく、まずは普通にカットで通い、自分の性格に合う美容師さんを見つける。

その上で、この人なら信頼できると確信も持ったあと、初めてパーマの相談・・・という流れが理想的であると。

もし、そんな美容師さんがいないのであれば、いきなり初めての美容師にパーマの相談をするのでなく、まずはカットで美容師探しから始めてみるのが良いのかもしれません。

まとめ

という事で、今回は「初めてのパーマ」をテーマに、様々な世代の方からのアドバイスをまとめてみました。

どの方も、写真(ヘアカタログ)を持参して、信頼できる美容師さんに、きちんと自分の意向を説明し、しっかりと事前のコミュニケーションを取る事の重要さを教えてくれています。

その上で、仮にもし失敗してしまったら、後日直してもらえるように遠慮せずお願いする。これで初めてのパーマが満足のいくものにするポイントとの事です。

是非、上記アドバイスを参考に、素敵なパーマヘアを手に入れてください。
パーマ 美容師 初めて 2017年06月07日
記:女性(20代)
コメント
同じ質問へのアドバイス
最新記事
黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?
今回は、20代の女性からの質問「黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?」という質問に対してお答えしていきましょう。確かに黒髪の女性って印象が両…
浴衣を着る時に可愛い髪型を教えてください。黒髪のロングストレートです。自分で出来るもので。
もうすぐ夏です。夏と言えば海?山?プール?もうひとつ忘れてはいけないイベントがありますよね。そう、花火です。花火に出かける時、女性はやはり浴衣を着たいですよね。なかなか普段は…
40歳を越えて茶髪にしている男性をどう思いますか?オシャレ?ダサい?黒髪の方が良い?
若い若いと思っていても、そう思っているのは自分だけ。周りから見れば、もうどこからどう見たって中年。いつのまにやら若作りがイタい年齢になっているものです。今回の質問は「40歳を越えて茶…
大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?
ヘアカラー、ブリーチ、エクステ。若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。茶色ならまだしも、金、赤、ピンク、青。最近ではどんな色にも簡単に染められるヘアカラーがいくらでも手に入りますし、美…
髪の毛がボサボサなのにおしゃれに見える人っていますよね。何かコツがあるのでしょうか?
昔はかっちり決め決めの髪型でないと、ヘアセットとは言えませんでした。少しでも髪が跳ねていたりすれば、それは単なる寝ぐせと捉えられていた時代・・・。一方、今はむしろ、自然な無造作ヘアは…
初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?
初めてのパーマ。なかなか勇気がいりますよね。パーマを一度でもかけられた事のある方なら、その気持ちが痛いほど分かると思います。一体どんな髪型になるのか、思い通りのヘアスタイルに仕上がる…

初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?

初めてのパーマ。なかなか勇気がいりますよね。パーマを一度でもかけられた事のある方なら、その気持ちが痛いほど分かると思います。一体どんな髪型になるのか、思い通りのヘアスタイルに仕上がる

プライバシーポリシー運営者・問い合わせ
(C)悩める毛髪