薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関するお悩みを解決するQ&Aサイト 【悩める毛髪】薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み相談やアドバイスなど
性別・年齢関係なく、髪の毛全般に関するお悩み・相談を受け付け中 薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み・不安・疑問・なんでもOKです!
 気になるワードからアドバイス記事を検索してみよう
 
大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?
若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。
ヘアカラー、ブリーチ、エクステ。若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。

茶色ならまだしも、金、赤、ピンク、青。最近ではどんな色にも簡単に染められるヘアカラーがいくらでも手に入りますし、美容院で安く染めることも出来ます。

そんな時代を当たり前に生きている若者たちには全く違和感など無いのかもしれませんが、その親御さんたちは違います。

まさか自分の娘がこんな髪色にするなんて・・・と驚きを通り越し、ただただショックを受けているわけです。

しかし、親たちのそんな気持ちなど知ることなく、子供たちは青春を謳歌します。これはこれで当たり前の摂理。

そして親たちは悩むのです。こんな風に。

「大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?」

さて、今回はこんな質問に対して、娘さん側の立場である20代、30代の女性の皆さんからアドバイスを頂きました。

まずは、20代女性の方々のご意見からご紹介いたします。


女性(20代)

大学生くらいの歳だと、社会に出るまえに色々出来る事をしておきたい、遊び心がたくさんあると思います。

色を変えるのを否定するのではなく、一つは、髪質が痛む事をアドバイスしてみてはどうでしょうか?

将来、髪の傷みが凄いことになるよ、くらいの焦りを与えてあげるとか。

実際、髪が傷んでくると思うので、本人もなんとなく、じわりじわりと気にしてくると思います。

実感してきてやめていくのならそれが一番良いのでは。

なぜ、頻繁に髪の色を変えているのかを知ることもたいせつなのかもしれませんね。

または、自己表現でやっているのであれば、他の自己表現方法を知ると良いのかもしれません。

オシャレでやっているのなら、色を変える方法以外を知ることがあれば、方法を移行するかもしれません。

完全に否定するのではなく、自己表現を認めてあげて、なんらかの違う方法を提案してあげてみても良いかもしれません。

昔から、とても綺麗な髪だと言われていたから、その髪を大切にしてね、くらいに。

元の髪の良さを褒めてあげると良いかもしれません。

褒められると大切にしたいと思うので、髪が傷む事を気にする様になるかもしれません。

実際に、染めすぎて傷んだ髪の写真などを見せて忠告してあげるのも強行ですが、響くかもしれません。


確かに、大学生の頃の心理など親御さんは忘れてしまっているのかもしれません。もしくは時代の変化?

いずれにしても、今の子供の環境や心情を改めて考えて、理解してあげる事が大切なのかもしれません。

そして、この「なぜ、頻繁に髪の色を変えているのかを知ることもたいせつなのかもしれませんね。」という一言は響きました。

単なるファッションであればまだしも、何か髪色を変えるきっかけがあったのなら、それは親として理解しておきたいものですね。

という事で次のアドバイスに行ってみましょう。


女性(20代)

学生の時、私も両親に止められても様々な色に髪を染めていました。

親に、「似合わない」と言われると、「あー、親は世間体を気にしているんだな」と勝手に曲がった受け取り方をしていました。

しかし、就職が近くなってきて黒染めをすると「その髪型、似合わないんじゃない?」とか、軽く茶髪にした際に「凄く似合ってる」とか褒めてもらえたので、染めること自体は反対じゃないことがその時始めて理解しました。

もしかしたらあなたもお子さんに高校時代など「染めること自体」に、厳しく怒ったことはありませんか?

自分の自我をおさえられてきた子ほど、自由になった時に爆発します。

そして、そんなことを経験してから就職した私は現在「金・赤・白」などの髪色に染めたいという願望すらなくなりました。

学生時代に好きな色にしすぎて、もう満足したのです。

私の周りでは、大学時代に部活などで髪が染められなかった子こそ、社会人になっても、見ていて恥ずかしくなるぐらいの髪色をしています。

学生で奇抜な髪色をしている子と、社会人で奇抜な髪色をしている子、どちらがまだマシですか?

義務教育は終わっていようと、学生でやりたい放題やっていては先が思いやれると感じるかもしれません。

その場合、お子さんの心境の変化で髪を少しでも暗めの色にした際に思いっきり褒めてみてください。

少なからず、自分のおしゃれに興味を持ってくれている親の意見であれば効果はあるはずです。

最終手段は、親が髪色を同じ色にして子どもの反応を見てみるかです。


親の意見を変に曲がって受け止めるのは、反抗期の子供の健全な思考です。

親から言われるだけで、ただただ反抗したくなってしまうのはきっと誰もが通る道。きっと、親御さんもそうだったに違いありません。

個人的には、「学生時代に好きな色にしすぎて、もう満足したのです。」この一言がすべてなような気がします。

いつまでも派手な髪色でいられるほど世間は甘くありませんし、周りの反応も段々変わってきます。

大概の人は、その前に満足してしまうもの。そして自分から普通の一般的な髪色に戻すと思います。

質問者様も、もう少し様子を見てみると良いかもしれませんね。学生時代ならまだまだ自由で良いと割り切るのも手かもしれませんよ。

さあ、お次も20代女性のご意見です。


女性(20代)

大学生の間は好きなことをさせてあげてはいかがでしょうか?

私自身、高校まで校則に縛られて自由にできなかったため、大学生になったらやっと髪を染められるという開放感でいっぱいでした。

金髪、銀髪、赤、オレンジなどいろいろな髪色を試してみました。私の親は何も言いませんでした。そのうちやめると思っていたのでしょう。

しかし、自由な髪形、髪色ができるのも就職活動が始まるまでです。

就職活動を始めれば、黒髪にして長ければ後ろで結ぶという、またしても規制に縛られるのです。

私もそのころになれば周りに倣って自然と黒髪に戻しました。

大学生、しかも就職活動が始まるまでのおよそ3年間の間だけのことです。自由にさせてあげてはいかがでしょうか?そのうち自分で気づく日がきます。

娘さんがどのような仕事に就くかはわかりませんが、社会に出ればそのような髪色でできる仕事は限られるとわかっており、今の自由を楽しんでいるのだと思います。

質問者さんも若い時はそのような時期はありませんでしたか?

その年代の娘さんも、お母さんから髪色についていろいろ言われれば反発したくなるというのもよくわかるでしょう。

そのうちやめるだろう、社会に出れば普通の髪色に戻るだろうと、どうぞ長い目で見てあげてください。


確かに、高校まで校則でがちがちに縛られていた若者が、いきなり校則の無い大学に解き放たれるわけですから、そりゃ髪も染めたくなります。

そして、黒髪にも茶髪にも金髪にも平等にやってくる就職活動。普通に考えれば、ここで髪色を戻しますよね。

であれば、就職活動を始めるまでの数年くらい、色々な髪色を試した方が良いのではないかとすら思えてきます。

親御さんも、自身の体裁や子供の印象などで考えているなら、今だけでなく先々の事を含めた経験のひとつと捉えてみてはいかがでしょうか?

という事で、20代女性のアドバイスをもうひとつ見てみましょう。


女性(20代)

大学生は、校則も無く特に入学してから就活までは、自由な髪色や髪型にする方は、たくさんいらっしゃいますよ。

私は、高卒ですが、結婚を機に20歳で会社を退職した時に、金髪にしました。

今まで出来なかったので、思いきってやってみたかったのと、さすがに30超えてからいきなり金髪は、品格を問われますし、常識的にどうなのかな?とも思いましたので、若いうちにやってみたかったという感じです。

私や私の周りの友達などを見ていたら、遅くとも30歳頃には髪型は、落ち着きます。

大学生なら、就活が始まればいやでも黒くしないといけませんしね。

大事な用事などあれば指摘するべきだと思いますが、特にないのであれば、今だけなのでそっとしておいても大丈夫かと思います。

一通りやってみたら落ち着きますよ。

髪色なんて誰にも迷惑かけませんし、髪色で警察にお世話になることもありません。

なので、子供の立場から言うと、見守って欲しいです。

大学生とは言え、まだまだ子供ですし、親だから反抗もします。

自分が働き出して、親になって親と同じ立場にならないと親の気持ちなんてわからないです。

流行りに乗りたいから髪色を変えてるのもあると思うので、もう少し様子を見てあげて大丈夫じゃないでしょうか?

ただ、認める発言や否定的なことは、言わないでそっとしてあげてるのが、良いと思います。


若いうちにやってみたかった。そう、若いうちしか出来ないんです。

「子供の立場から言うと、見守って欲しいです。」子供からしてみたら本当にこれですよね。

不安かもしれませんが、見守っているうちにそのうち必ずやめるのですから。

まあ、自分の子供が奇抜な髪色をしていたら、周り(特に親御さん世代)からどう見られるかは親たちが一番わかっていますし、確かに変な目で見られるのも事実です。

なかなか妥協点を見つけるのは難しいかもしれませんが、子供は子供で、愛する我が子が他人から変な目で見られるのがたまらない・・・そんな純粋な親心を理解してあげて欲しいですね。

お次も20代女性のご意見です。


女性(20代)

勉強、素行、交友関係。どれをとってもそうですが、親に言われたことのほど反発したくなるのが子供心です。

親に反対されればされるほどもっとやりたくなる。

大学生くらいなら、まだまだ親の真意を受け取るのは難しいかもしれません。

「やめろ」と口うるさく言うほど、娘さんの髪色はどんどん派手になっていくでしょう。

やめさせたいなら、逆に髪色を褒めると良いかもしれません。

変えるたびに「いいね、その色」「また変えたの、似合うね」など、髪の毛のことを頻繁に話題にしてみるにしても、ポジティブな言葉をどんどん娘さんに言って見てはいかがでしょうか。

段々鬱陶しくなって来て、特に突っ込まれない普通の髪色にするかもしれません。

ただ、親御さんが娘さんの髪色が派手でやめさせたいという気持ちも当然あるでしょうが、大学生の間だけは派手な髪色にしても多少目をつぶるというのはいかがでしょうか。

というのも、月並みですが好きな髪形や服装が出来るのは学生のうちだけなのです。

茶髪はまだしも、赤や白は卒業後にはもう出来なくなってしまう髪色だと思います。

学生の頃に金髪の友人や、ピンクや緑色に染めている友人がいましたが、皆社会人になってからは黒髪や暗めの茶髪になっています。

娘さんも、時期がくれば落ち着いた髪型になるでしょう。

娘さんの個性や自主性を重んじて今は目を瞑るのも、一つの案ではないでしょうか。


お子さんの気持ちを考えると、「「やめろ」と口うるさく言うほど、娘さんの髪色はどんどん派手になっていくでしょう。」まさにこうなりますよね。

こうしても見ると、皆さんの意見はほとんど一緒ですね。

学生のうちしか出来ないし、そのうち就職活動で自分から戻すのだから、少し様子を見ましょうよ。

あとは、親御さんがこの短い学生の期間、目を瞑る事が出来るかどうかですね。

思うところは色々とあるのでしょうが、むしろ一緒に楽しめるくらいの器量が必要なのかもしれません。

さて、次はもう少し上の世代、30代女性からのアドバイスです。


女性(30代)

まだ大学生ということなので、自分の好きなことをしたい年頃なんではないでしょうか?

しかももうすぐ就職ともなれば髪の色は元に戻さなくてはならなくなるし、自分の好きなファッションやヘアスタイルができる最後のときなのかもしれません。

就職活動をしはじめたら元にもどされるのでは?と思いますが、気になるようでしたらはっきり似合ってないし髪が傷むと言ってあげるのはどうでしょう?

ヘアカラーは頭皮につくとハゲる危険性もあるし、頻度によっては髪がボロボロになります。

そういったことをアドバイスしてみてはいかがでしょう。

特にシルバー系の色はそのまま白髪になってしまうと聞いたこともあります。

髪が1度痛みだすと元に戻すのはかなり大変ですよ。

なにを言っても若いので通用しないかもしれませんが、年をとってから後悔すると言ってみたらいかがでしょう?

それでも駄目なら就職活動なさるときまで様子をみてみるなどしかないと思います。

正直、今時赤だの白だのの髪の色にしている若い子はあまり見かけません。

せいぜい茶色など自然に近い髪のきれいな巻き髪の子が多い気がします。

はっきり似合ってないしダサいと言うのも手ではありますが、喧嘩になってしまうかもしれないので髪が傷むとアドバイスをして様子を伺ってみたらいかがでしょう?


確かに、若いころに将来の髪のリスクについて深く考える人は少ないでしょう。

若いころにこんな髪色にしていたら、今こうなってしまった・・・的なデータがあれば、少し抑止力になるのかもしれませんね。

親御さんは、頭から否定するのではなく、認めてあげた上で、リスクを提示してあげるのが良いのかもしれません。

その上で、子供がどんな選択をするのかは子供次第。結局数年でやめるのですから、そこはぐっとこらえて見守りましょう。

もうひとつ、30代のご意見を見てみましょう。


女性(30代)

私は大学を寮生活で過ごしました。

高校卒業してから大学生の間の10代~20代の頃は、とにかく目立ちたい!という一心で、髪の色をコロコロ変えては染め、変えては染め、を繰り返していました。

髪の色を決める基準は、ものすごく単純です。

その時の自分の中でのブームのファッションに合せたもの。

「このブランドの服だとこの色が合うな」や、「今人気のバンドの○○の髪の色に変えよう!」等、今思えばその時は自分なりに必ずそれぞれの色には動機がありました。

大学はほとんどが服装や髪の色自由が多いので、とにかく誰よりもオシャレな人でありたかったのです。

というより、何より一番は周りに“オシャレな人”と思われたかっただけなのです。

授業がある間は何の問題もなかったのですが、寮生だった私は、お盆やお正月には寮が閉まるので実家に帰らなくてはなりませんでした。

そして、実家に帰るたびに私の母も「いつまでその頭なの?」「せっかくきれいな髪してたのに・・」「親戚のおばちゃんがびっくりする」等散々言われました。

しかし、若さですね。親の言うことなど、すっごくどうでもよかったです。

とにかくファッションにこだわりがあった私は、大好きな洋服のブランドを買う為には仕送りだけでは足りず、アルバイトをしなければならなくなりました。

何も知らない無知なまま、いざ面接へ。不採用。不採用。不採用。事あるごとに面接に落ちまくりました。

そりゃそうですよね、髪の毛、真っピンクのものすごい服を着た子が面接に来るんです。

その時にようやくわかりました。「あ、頭ピンクだから落ちたんだ」と。

その時の私はとにかく洋服が欲しいよ級が強かったので、「髪の色はバイト辞めたらまた染めたらいいや」、と思い、まずはおかねのため、アルバイトに受かることが優先事項でした。

だからすぐに黒に染めました。しかし、黒に染める際でもまだオシャレ自分が残っていましたので、「黒の中でも青に近い黒で」と注文していました。

そしてアルバイト生活を送っていると、新たな出会いなどがあるもので、そこで彼氏などが出来ると、あれだけ髪の色や洋服にこだわっていたのが、驚くほど興味がなくなりました。

単純に今までの興味は自分をオシャレさんに見せる行為だったのが、それからは彼氏という興味に移ったのだと思います。

そして、大学3年後半ともなれば、いやおうなしに就職活動があります。

頭ピンクではどこも雇ってはくれないことはすでにわかっています。

要は、本人が気づかない間、興味がよそへ行っていない間は親がいくら言っても無駄です。

じきに恥ずかしくなる時期が必ず来ます。

だから放っておいても自ら髪の色を暗く落ち着かせる時期がくる、ということです。

もし来ない場合は・・・確実にファッション系の仕事や未来を目指している証拠です。


ピンク色の髪の毛で面接に何度もトライするってなかなかの根性ですね。

そんな方でも、この髪色では生きていけないと自分で気づく時期がくるって事です。

具体的な経験談はやはり説得力がありますね。参考になったのではないでしょうか?

さて、最後も30代女性のご意見です。


女性(30代)

私も大学生のとき、赤、緑、ソフトドレッドなどでしたが、大人になった現在は味も素っ気も無いただの黒髪のストレートです。

娘さんは今の時期、高校生まで縛られていた校則から解放され、社会からの制約も受けない大学生のこの時期だからこそ、自由を謳歌していらっしゃるんじゃないでしょうか?

大学四年間が終われば就職、結婚、出産などに直面して、嫌でも社会人としての髪型、母親らしい髪型などを選択せざるを得なくなります。

自分が自由にできるお金だって子供の為に費やさなくてはいけない日々が待ってるのですから、、、

お母様にも心当たりがありませんか?

もし、お母様がそんな娘時代を過ごしてこられなかったのなら、むしろ、今、お母様も一緒に髪の毛のオシャレに興味を持ってみられたらどうでしょうか?

娘さんと一緒に美容室で、今まで挑戦したことがないような髪型にチャレンジして、新しい自分を見つけてみるのが一番いいと思います。

変わっていく娘さんをただイライラ心配しながら見守るより、一緒に楽しめば、娘さんとの気持ちも少しはわかってあげられるでしょうし、娘さんの方もお母様に心を開いてくれるのではないでしょうか?

これから、社会へ出て大人として生きて行かなくては行けないのですから、お互いの関係について考えてみる良い機会になると思います。


子供の気持ちを理解するというより、「お母様も一緒に髪の毛のオシャレに興味を持ってみられたらどうでしょうか?」とのご意見、確かにそうかもしれません。

結局、自分が認めていない、良さが理解できない事だから否定してしまうわけですから、そもそもそれを好きになってしまえという事ですね。

娘と一緒に髪色や髪型を楽しめるようになれば、娘さんも意見を聞いてくれるようになるかもしれません。

親御さんのヘアカラーについて、娘さんに相談してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

という事で、大学生の子供の髪色に悩む親御さんに対して、20代、30代の女性たちからたくさんのアドバイスを頂きました。

皆さん、基本的には同じ答えでしたね。個人的には最後の方のおっしゃっていた「娘さんと一緒にオシャレを楽しみましょう」というのが刺さりました。

結局、親だろうが他人だろうが、自分の考えを真っ向から否定してくる人の意見なんて聞きたくありませんからね。

一緒に趣味を楽しんでいる同士なら、素直に話も聞けるものです。まずはその環境を構築するというのが、一番の近道なのかもしれません。
髪色 大学生 就職活動 2017年06月07日
記:女性(20代)
コメント
同じ質問へのアドバイス
最新記事
黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?
今回は、20代の女性からの質問「黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?」という質問に対してお答えしていきましょう。確かに黒髪の女性って印象が両…
浴衣を着る時に可愛い髪型を教えてください。黒髪のロングストレートです。自分で出来るもので。
もうすぐ夏です。夏と言えば海?山?プール?もうひとつ忘れてはいけないイベントがありますよね。そう、花火です。花火に出かける時、女性はやはり浴衣を着たいですよね。なかなか普段は…
40歳を越えて茶髪にしている男性をどう思いますか?オシャレ?ダサい?黒髪の方が良い?
若い若いと思っていても、そう思っているのは自分だけ。周りから見れば、もうどこからどう見たって中年。いつのまにやら若作りがイタい年齢になっているものです。今回の質問は「40歳を越えて茶…
大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?
ヘアカラー、ブリーチ、エクステ。若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。茶色ならまだしも、金、赤、ピンク、青。最近ではどんな色にも簡単に染められるヘアカラーがいくらでも手に入りますし、美…
髪の毛がボサボサなのにおしゃれに見える人っていますよね。何かコツがあるのでしょうか?
昔はかっちり決め決めの髪型でないと、ヘアセットとは言えませんでした。少しでも髪が跳ねていたりすれば、それは単なる寝ぐせと捉えられていた時代・・・。一方、今はむしろ、自然な無造作ヘアは…
初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?
初めてのパーマ。なかなか勇気がいりますよね。パーマを一度でもかけられた事のある方なら、その気持ちが痛いほど分かると思います。一体どんな髪型になるのか、思い通りのヘアスタイルに仕上がる…

大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?

ヘアカラー、ブリーチ、エクステ。若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。茶色ならまだしも、金、赤、ピンク、青。最近ではどんな色にも簡単に染められるヘアカラーがいくらでも手に入りますし、美

プライバシーポリシー運営者・問い合わせ
(C)悩める毛髪