薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関するお悩みを解決するQ&Aサイト 【悩める毛髪】薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み相談やアドバイスなど
性別・年齢関係なく、髪の毛全般に関するお悩み・相談を受け付け中 薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み・不安・疑問・なんでもOKです!
 気になるワードからアドバイス記事を検索してみよう
 
髪にコシがなく、ショートにするとぺちゃんこに。髪のハリやコシって付けられるものですか?
ロングヘアーよりショートの方がいいです。
女性(30代)

年齢を重ねるにつれて、髪の毛のダメージが目立ったり、ホルモンバランスが変わる事によって、ボリュームが少なくなったり、抜け毛が目立つ、以前していたヘアスタイルが決まらない、と言ったお悩みが30代を過ぎると多く聞こえてきます。

髪にコシがなく、ショートにするとぺちゃんこになってしまう時に、どう対処したら良いのか?

まず、30代の髪質の変化の要因を探り、その対処を進める事が第一です。

出産や加齢、ストレスによるホルモンバランスの変化では、体の回復と共に低刺激性のシャンプー及びヘアケア剤を使うこと。

場合によっては、薄毛で医療機関を受診する事で、ホルモン剤を処方されるケースもあります。

急な変化を感じた場合には、相談してみると原因が分かるきっかけにもなります。

また、ストレスによる場合や、首や肩こり、頭痛が起きやすい場合には、頭皮への血流が悪くなっていたり、頭皮が固くなっている事が原因で抜け毛や発毛不良になり易くなってしまいます。

これらの解消は、ヨガやストレッチなどで、首肩周りの凝りをほぐし、シャンプー時や毎日の空き時間に、頭皮のマッサージを行う事をお勧めします。

ヘアスタイル別のお悩みでは、ボリュームや髪質の状態にもよりますが、ショートヘアをスタイリッシュに楽しむには、部分的に頭のトップの位置だけに、ボリュームアップのパーマをする事をお勧めします。

これは、セミロング、ロングヘアのスタイルでも言える事なのですが、長さがある場合ですと、ドラッグストアー等でも販売している、ボリュームアップクッションを髪の内側に装着する事でボリュームコントロールする事も出来ます。

毎日のヘアセット時間が取れない、自分では上手くセット出来ないと言う方は、同様に部分的、または全体的にパーマをかける事で、ボリュームアップしやすくなります。頭皮や頭髪のダメージを気にして、パーマを敬遠される方もいらっしゃいますが、化学の進歩で加齢やダメージに対応した、低刺激性のパーマ液もありますので、美容師さんと相談して決めて行くと良いですね。

最後に、髪のコシやツヤと言った髪質のダメージは、上記のような原因を解消する事で、一緒にダメージ補修して行かれるケースが多いのですが、同時に、食事改善や、ヘアケア剤でしっかりとトリートメントを行う事も大切です。食事は、肉類、脂質が多いものばかりに偏る事なく、ビタミン類、海藻、黒ごまなどの栄養素をバランス良く摂る事をお勧めします。頭皮から分泌される皮脂量のコントロールにも関わってくるからです。

また自宅でのヘアケア剤を見直すと共に、定期的に美容室や育毛サロンなどで、トリートメントを行う事で、季節毎の、ダメージやトラブルの改善、解消になります。育毛サロンは、年齢的にもまだ早いのでは?と感じる方も、気軽な体験コースを行っている所もありますので、状態チェックをするつもりで、比較検討して相談してみると良いと思います。

女性(20代)



私も生まれつき髪の毛が少なくコシがなく癖っ毛で、雨の日などはくるくるしてしなっとなります。

30代になってからより髪の量が減った気がして地肌がかなり見えるので休みの日は帽子を必ずかぶるし、友達と銭湯にはいけません。

でも仕事中は帽子をかぶるわけにはいかないのでどうにかしないといけない。と思い色々しらべました。

まず、ロングヘアーよりショートの方がいいです。ロングは下への重さでよりぺたんこに見えます。

ショートでもハリやコシがないとボリュームがなくてかわいく見えないですが、ワックスを塗るとベタつくので根本から治そうと思いシャンプーをヘナに変えました。

ヘナは白髪部分は染まるしトリートメント効果もありますし、毎日洗わなくてもいいもので、ヘナをした次の日は水洗いで十分です。

少し特殊な匂いはしますがあきらかに髪が強くなった気がします。

少しヘナに抵抗がある場合はヘナと似てますが粉状の水で薄めて使うハーブシャンプーもオススメです。

こちらはいい匂いのものもあり全く泡立たないですがしっかり洗えます。

あとは根元をよく揉んで長めに洗い流します。

タオルでゴシゴシはせずに優しく拭いてしっかり根元からドライヤーをあてて乾かします。

そうしますと次の日起きると結構ふわっとしています。

毎日のマッサージとシャンプーの仕方とシャンプーの種類でだいぶ変わりますので、時間はかかりますが根気よく続けるのが大事だと思います。
ボリューム ヘナ コシ 2017年06月01日
記:女性(30代)
コメント
同じ質問へのアドバイス
最新記事
黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?
今回は、20代の女性からの質問「黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?」という質問に対してお答えしていきましょう。確かに黒髪の女性って印象が両…
浴衣を着る時に可愛い髪型を教えてください。黒髪のロングストレートです。自分で出来るもので。
もうすぐ夏です。夏と言えば海?山?プール?もうひとつ忘れてはいけないイベントがありますよね。そう、花火です。花火に出かける時、女性はやはり浴衣を着たいですよね。なかなか普段は…
40歳を越えて茶髪にしている男性をどう思いますか?オシャレ?ダサい?黒髪の方が良い?
若い若いと思っていても、そう思っているのは自分だけ。周りから見れば、もうどこからどう見たって中年。いつのまにやら若作りがイタい年齢になっているものです。今回の質問は「40歳を越えて茶…
大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?
ヘアカラー、ブリーチ、エクステ。若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。茶色ならまだしも、金、赤、ピンク、青。最近ではどんな色にも簡単に染められるヘアカラーがいくらでも手に入りますし、美…
髪の毛がボサボサなのにおしゃれに見える人っていますよね。何かコツがあるのでしょうか?
昔はかっちり決め決めの髪型でないと、ヘアセットとは言えませんでした。少しでも髪が跳ねていたりすれば、それは単なる寝ぐせと捉えられていた時代・・・。一方、今はむしろ、自然な無造作ヘアは…
初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?
初めてのパーマ。なかなか勇気がいりますよね。パーマを一度でもかけられた事のある方なら、その気持ちが痛いほど分かると思います。一体どんな髪型になるのか、思い通りのヘアスタイルに仕上がる…

髪にコシがなく、ショートにするとぺちゃんこに。髪のハリやコシって付けられるものですか?

【女性(30代)】年齢を重ねるにつれて、髪の毛のダメージが目立ったり、ホルモンバランスが変わる事によって、ボリュームが少なくなったり、抜け毛が目立つ、以

プライバシーポリシー運営者・問い合わせ
(C)悩める毛髪