薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関するお悩みを解決するQ&Aサイト 【悩める毛髪】薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み相談やアドバイスなど
性別・年齢関係なく、髪の毛全般に関するお悩み・相談を受け付け中 薄毛・髪型・髪質など、髪の毛に関する悩み・不安・疑問・なんでもOKです!
 気になるワードからアドバイス記事を検索してみよう
 
普段からあまり気にせずガシガシ洗ってますが、髪を痛めない洗い方ってあるのでしょうか?
今後の参考にしていただければ幸いです
■洗う前に

お風呂に入り、いきなり髪を濡らしてシャンプーを付けて・・・はNGです。

まずは、髪を洗う前に丁寧にブラシで優しくとかしてあげてください。
とかす事で、髪についているホコリやフケを落とすことが出来ますし、絡まっている部分をほどいておきましょう。

ブラシでとかしたら、次は髪を濡らします。
きちんとシャワーのお湯が温まってから(40度くらい)、お湯でしっかり髪を濡らします。
お湯がぬるすぎても、毛穴が開きませんし、温度が高すぎても頭皮を傷めたり乾燥したりします。

また、ここできちんと髪の毛を濡らしておかないと、シャンプーの泡立ちも少ないですし、
髪同士の摩擦も多くなり、結果的に髪の毛や地肌を傷めてしまう事になります。

●ポイント

〇濡らす前にブラシでしっかりとかす
〇40度くらいのお湯でしっかり濡らす


■シャンプー



しっかりと髪をお湯で濡らしたら、いよいよシャンプーです。

まず大切なのは、泡立ちです。
ポイントは、シャンプーを直接髪に付けるのではなく、まずは手のひらで軽く泡立ててあげる事。
原液に少しお湯を加え、手のひらでしっかり泡立て、その泡を髪に付ける事で余計な摩擦や刺激を抑えることが出来ます。
シャンプーを原液のまま、直接髪の毛につけてしまうと、泡立てようとする際に頭皮に余計な力を加えてしまいますし、
洗い流す際に洗い残しが発生し、フケや痒みの原因になる可能性もありますので気を付けましょう。

その上で、指の腹で揉み込むようにマッサージしながら洗うと、髪の毛も良く泡立ち、
頭皮を傷める事なく毛穴から綺麗に汚れを落とす事が出来ます。
指先や爪を使ってワシワシと強めに洗うってしまうと、髪の表面や頭皮を傷つけてしまいます。

●ポイント

〇手のひらでシャンプーにお湯を加え、良く泡立てる
〇指先でなく、指の腹でマッサージしながら優しく洗う


■すすぎ



シャンプーでしっかりと汚れを洗ったら、次はすすぎです。
しっかりと温まったお湯で、シャンプーにかけた時間よりも長い時間をかけて、しっかりとすすぎましょう。
きちんとすすぎができていないと、毛穴に汚れがたまり、フケが出たりして地肌の環境が悪くなります。
シャンプーよりも、むしろこの「すすぎ」が非常に重要です。
もう落ちたかなと思ってから、数分は長めに洗い流すようにすると良いです。
すすぎの際にあまり強めに髪の毛をこすると、やはり頭皮などを傷つけてしまうので気を付けましょう。

●ポイント

〇とにかく丁寧に時間をかけて、お湯ですすぐ
〇指で強く髪を刺激するような流し方はしない


■コンディショナー・トリートメント・リンス



さて、上記のようにきちんとシャンプーをしたあとは、リンスやトリートメントです。
コンディショナー、トリートメント、リンスは絶対必要です。傷んでしまった髪の毛をケアしたり、外気から守る意味もある為です。

シャンプーをすすいだあと、髪の毛がびしょびしょに濡れていると思いますが、このままの状態でリンスなどを使ってはいけません。

まず、軽くタオルで髪の毛の水気をふき取り、ある程度水気を落としてから、リンスやコンディショナーを付けるようにしましょう。

付け方ですが、髪全体にまんべんなく付ける方が多いのですが、トリートメントは髪先から3分の1程度につけます。
シャンプーとは逆に、頭皮ではなく髪に直接練りこむようなイメージで、優しく付けてあげましょう。
ショートカットの場合は特に、頭皮に直接液がつかないように気を付けましょう。

トリートメントは髪の内側からケアするので、すぐに流さずにしっかり浸透させるように使うと良いです。
コンディショナーやリンスは髪を保護するパックみたいなイメージなので、つけてからあまり時間を置かず、すぐに流した方が良いです。
ただ、ダメージ補修効果のあるコンディショナーの場合は時間を置く必要がありますので、使っている商品によって放置時間は使い分けましょう。

シャンプー同様、すすぎは徹底的に。すすぎ残りがあると、今までのケアがすべて台無しです。
優しく丁寧に、かつ時間をかけてしっかりと洗い流しましょう。

●ポイント

〇髪に付ける前に、タオルでしっかり水気を落とす
〇地肌につけないように、髪先から3分の1程度にしっかりと練りこむ
〇トリートメントは長めに、リンスやコンディショナーはすぐに流す


■タオルドライ・ドライヤー

さて、シャンプー・リンスで綺麗に髪の毛を洗い終えたからといって、これで終わりではありません。
むしろ、ここからがケアの注力ポイントです。

まず、お風呂から出たら、髪の毛にタオルを巻いてリビングで一休み・・・なんて事してませんか?
髪の毛は濡れた状態で放置せず、すぐに乾かさないといけません。すぐに乾かさないとパサパサになりますし、潤いもなくなります。
まして、濡れたままの髪で寝てしまうなどもってのほか。臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。



ドライヤーで乾かす前に、タオルドライをしっかりしましょう。
お風呂から出たら、なるべく早くタオルで擦らず抑えるように水気をとります。
濡れている間はブラシなどは使わないようにしましょう。



タオルドライが終わったら、いよいよドライヤーでしっかりと乾かしていきます。
ドライヤーを使う時は、頭から15cm以上は必ず離して使ってください。
あまり近くからドライヤーを使うと、温風で地肌や髪の毛を激しく痛めてしまいます。
根元側から毛先に風を流すように素早く乾かすのがお勧めです。

また、余裕があるようでしたら、ドライヤーの前にオイルを使うのも良いでしょう。
毛先を中心にオイルを髪全体に塗り、ドライヤーをかける事で、熱からの刺激を抑えてくれます。
オイルが毛穴に詰まらないよう、髪の根本につけるのは避けましょう。

さて、濡れていた髪の毛がある程度乾いたら、最後に冷風を当てて仕上げます。
お湯やドライヤーの熱で開いていたキューティクルが閉じてくれるそうです。

●ポイント

〇濡れた髪を放置せず、すぐに乾かす
〇ドライヤーの前にしっかりタオルで水気をふき取る
〇毛先を中心に髪全体にオイルを付ける
〇ドライヤーは頭から15センチ以上離して使う
〇最後に冷風を当ててキューティクルを閉じる


以上、ダメージを与えず、綺麗な美髪を手に入れる為の髪の洗い方でした。
是非、ご自身の洗い方と違う部分がひとつでもありましたら、今後の参考にしていただければ幸いです。
あなたの髪の毛が少しでも美しく健康になりますように。
記:女性(20代)
コメント
同じ質問へのアドバイス
最新記事
黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?
今回は、20代の女性からの質問「黒髪のイメージって、清楚に見られる事とオタクに見られる場合があります。その差って一体?」という質問に対してお答えしていきましょう。確かに黒髪の女性って印象が両…
浴衣を着る時に可愛い髪型を教えてください。黒髪のロングストレートです。自分で出来るもので。
もうすぐ夏です。夏と言えば海?山?プール?もうひとつ忘れてはいけないイベントがありますよね。そう、花火です。花火に出かける時、女性はやはり浴衣を着たいですよね。なかなか普段は…
40歳を越えて茶髪にしている男性をどう思いますか?オシャレ?ダサい?黒髪の方が良い?
若い若いと思っていても、そう思っているのは自分だけ。周りから見れば、もうどこからどう見たって中年。いつのまにやら若作りがイタい年齢になっているものです。今回の質問は「40歳を越えて茶…
大学生の娘の髪の色が赤だったり白だったり。どう言えば普通の色に戻してくれるでしょうか?
ヘアカラー、ブリーチ、エクステ。若いころは特に髪の色を変えたくなるものです。茶色ならまだしも、金、赤、ピンク、青。最近ではどんな色にも簡単に染められるヘアカラーがいくらでも手に入りますし、美…
髪の毛がボサボサなのにおしゃれに見える人っていますよね。何かコツがあるのでしょうか?
昔はかっちり決め決めの髪型でないと、ヘアセットとは言えませんでした。少しでも髪が跳ねていたりすれば、それは単なる寝ぐせと捉えられていた時代・・・。一方、今はむしろ、自然な無造作ヘアは…
初めてパーマをかけてみようと考えてます。美容院で注意するポイントを教えてもらえませんか?
初めてのパーマ。なかなか勇気がいりますよね。パーマを一度でもかけられた事のある方なら、その気持ちが痛いほど分かると思います。一体どんな髪型になるのか、思い通りのヘアスタイルに仕上がる…

普段からあまり気にせずガシガシ洗ってますが、髪を痛めない洗い方ってあるのでしょうか?

■洗う前にお風呂に入り、いきなり髪を濡らしてシャンプーを付けて・・・はNGです。まずは、髪を洗う前に丁寧にブラシで優しくとかしてあげてくださ

プライバシーポリシー運営者・問い合わせ
(C)悩める毛髪